向山雄治のなんでもインターハイ in 新宿

新宿での経験を中心に、なんでも、ランキングにして、ご紹介するブログです♪♪

向山雄治の日本を代表する経営者(第3弾:柳井正さん)をご紹介!☆彡

ãã¡ã¤ã«:Uniqlo logo Japanese.svg

ファイル:Uniqlo logo Japanese.svg - Wikipedia

 

こんにちは!

向山雄治(むかちん)です!

(*≧m≦*)♪

 

今回は、

株式会社 ファーストリテイリングの社長、

柳井正さんに関しての記事です!

(*^^)v

 

それでは、さっそくいってみましょう!

日本を代表する経営者(第3弾:柳井正さん)の、

ご紹介です!☆彡

 

 

1)経歴

山口県宇部市生まれ

父は、兄が代表を務める小郡商事から、

繊維・洋服部門を任され、

メンズショップ小郡商事を立ち上げる

ファーストリテイリングの前身)

 

地元の高校を卒業後、早稲田大学経済学部に進学

映画、パチンコ、麻雀が中心の4年間

就職先は、大手商社を受けたがことごとく落ち、

父の勧めもあり、

ジャスコ(現:イオンリテール)に入社

 

しかし、9ヶ月後、働くのが嫌になり退職、

帰省して、実家の小郡商事に入社

 

他店の紳士服店が、

業績を拡大している状況だったため、

カジュアル路線に集中して、

全国展開を目指した♪

 

1984

父のあとを受けて、小郡商事社長に就任

ユニークな衣料ということで、

ユニーク・クロージング・ウェアハウス

(略称ユニ・クロ)と銘打って、

広島県に1号店をオープン

その後、中国地方を中心に店舗を拡大

 

1991年

社名をファーストリテイリングに変更

 

2002年

代表取締役会長兼経営責任者に就任

 

2005年

いったん社長を退くも、再復帰

(グループ会社の会長職も兼務)

 

2011年

東北地方太平洋沖地震義援金として、

私財から10億円を寄付

柳井正 - Wikipedia

 

2)経営観

ファーストリテイリングユニクロがグローバル展開するにあたり、独自の経営観を披露している。ユニクロの、特に若手社員に対する労働環境が厳しいのではとの批判(いわゆるブラック企業批判、ユニクロ#労働環境参照)を受けて、2013年に日経ビジネスで語った自身の社員教育方針については、「僕が若い社員に『海外に行ってくれ』と繰り返し言うのは、本当の意味で経営者になってほしいからです。それができないのであれば、当然ですけど、単純労働と同じような賃金になってしまう」「僕は将来、本当に若者が活躍できる世の中になれば、25歳以上は全員対等に評価すべきだと思っています。(中略)25歳くらいまでに基本的な考え方を決めて、努力を重ねて35歳くらいで執行役員になる。そして45歳くらいでCEOになるのが、正常な姿だと思っています。だからこそ、若いころに甘やかされてはいけないと思っています」との観点を示している

柳井正 - Wikipedia

 

ボク自身も、独立するまでの間は、

自分が経営者だという認識を強くもって

率先的に仕事をしてきたのを覚えています♪

 

独立してからも、

その感覚は磨きつづけています!笑

(^_-)-☆

 

頭を使わないと、

単純労働になってしまって、

なかなか仕事を楽しむのが難しいですよね!

(*≧m≦*)♪

 

3)格言

泳げない者は
溺れればよい。

最初からできる人は少数派で、
「できる」と言われる人の多くは、
できる人に自らを
変えていったんだと思います。

柳井正

 

有名な格言ですよね!

出来ないなら、出来るまで努力をするのが、

商売だと思います♪

 

ボク自身、

もっとチャレンジして成果を作ることで、

努力した先の可能性をさらに広げていきます♪

(≧▽≦)♪

 

以上、日本を代表する経営者といえばこの方!

柳井正さんのご紹介でした!☆彡

(*≧m≦*)♪

 

柳井さんについて調べてみると、

文章だけでも、紆余曲折ある人生と感じました!☆彡

ボク自身も、もっと沢山の経験を積みながら、

面白い人生を作っていきます♪

(*^^)v

 

 

向山雄治(むかちん)